仲間になる join us!!

私たちと一緒に、文化を作りましょう

共感できる仲間と一緒に、私たちらしい文化創り

私たちが目指す「文化の創造」というビジョンにおいて、
共感できる仲間との恊働こそ、なくてはならない重要な要素だと考えています。
人を知り、関わることが大好きなDEPOCでは、異文化や個性が共感し相乗効果を得られる地盤づくりのために
常に私たちらしい取り組みを続けています。
「仲間になる文化」こそ私たちの最大の強みと考え、個の思想のひとつひとつを尊重し、
共存する喜びを感じ、広がりを愉しみ、そして面白い文化を創造します。

「社員」「仲間」「友だち」、すべてが大切な関わり

DEPOCの「文化の創造」を実現する組織体系の基盤として、
「社員」「仲間(パートナー)」「友だち」の三つのタイプが存在します。
そのそれぞれが、同じ価値観のもと歩み、
その関わるすべての人たちが同じ体験を得られることで、より強い組織の実現を目指します。

various types of party

  • staff

    入社する

    私たちらしい組織を共に創ろう

    使命の実現に必要となる地盤づくりを、経験・知識・技術を活かし取り組みます。他のスタッフや仲間とビジョンを共有し、ミッションを達成するために専門とする分野にとらわれず柔軟に連係し、啓蒙と創造を共に目指します。

  • party

    仲間になる

    一緒に新しい文化を創ろう

    価値観を共有し、互いの知識や技術を合わせ、「仲間」として新しいサービスや事業の実現を共に目指します。またモノづくりにおいても、協力して私たちらしいアイデアや取り組みで、ミッションのゴールを目指します。

  • friends

    友だちになる

    一緒に新しい文化を共感しよう

    「触れてみたい」という喚起こそ、共有や共感の種となります。文化の創造や組織づくりには、多くの方の意見が何よりも重要です。私たちの取り組みや文化・サービスを共感することで一緒に文化の定着を目指します。

社員になって、私たちにしかできない会社を創りませんか。

採用情報

  • 仲間の関わり方 1

    共感できる価値観のもと、一緒に新しい文化を生み出す

    DEPOCという組織を地盤として、私たちを含む異なる専門分野や文化を持つ仲間と、価値観やビジョンを共有し、新しい文化(サービス・事業)を生み出し、共に文化の定着、発展へとつなげていきます。例えば、「出張写真館」は、介護・老人施設への社会貢献を共感できるカメラマンとメイクと共に生み出されたサービスです。DEPOCでは、企業や仲間と価値観を共有し、私たちの経験や技術を惜しみなく提供し、私たちらしい仕組みとアイデアで、社会に必要とされる事業・サービスを創り出しことを目指します。

  • 仲間の関わり方 2

    専門技術や知識を融合させ、“モノづくり”でパートナー協力する

    クライアント様からのミッションにおいて、ビジョンを共有しゴールへと導く”モノづくり”は、不可欠な要素であり、その対応は多岐にわたります。私たちは、さまざまな価値観や文化を持つ仲間や、様々なナレッジやテクノロジーを保有する仲間と協力することで、あらゆるミッションに最適な体制を作ります。この協力・共感できる仕組みにより、アイデンティティのリターン(助け合い、満足し、評価される)が起こり、そこから独自のプロセスを見い出し、企業価値に結びつけていきます。

  • 仲間の関わり方 3

    触れられる機会の共有と、文化・価値観を浸透、定着させる

    文化の創造は、ビジョンや共有された価値観のもとに集まるすべての人たちで創るものだと考えています。新たなサービスや事業など、共感し触れてもらうことではじめて社会的な価値へと変換されます。DEPOCの保有する様々なつながりを活かし、多くの方に触れてもらえるようイベントや交流などの機会づくりから、浸透、定着へとつなげていきます。

our party

デポックの仲間を少しだけご紹介

  • gaku ozawa

    gaku ozawa

    可能性にあふれるワンダーランドだと思ってます

    父親が立教大学の観光学部を創った教授だったこともあって、ホテルやレストランの話題は日常的に交わされる家でした。毎週のように家族でホテルに食事に行っていて、日本の一流のホテルやサービス業の素晴らしさを、幼い頃から実感していたわけです。

  • 可能性にあふれるワンダーランドだと思ってます

    父親が立教大学の観光学部を創った教授だったこともあって、ホテルやレストランの話題は日常的に交わされる家でした。毎週のように家族でホテルに食事に行っていて、日本の一流のホテルやサービス業の素晴らしさを、幼い頃から実感していたわけです。

  • ワクワクする気持ちを大切にしている大人たち

    いつの間にか硬くなるアタマを柔らかくしてくれる人が多いです。みなさん色んなことを考えていて、時に驚かされます。そんな、ちょっと先が読めない感が面白い集団です。最初からうまくいくことなんて少ないので、それなら、なんだかワクワクできる人たちと一緒にゼーハー言いながら前進できた方が楽しいし、振り返った時に笑えると思います。・・・そういうのって大事ですよね?

  • 可能性にあふれるワンダーランドだと思ってます

    父親が立教大学の観光学部を創った教授だったこともあって、ホテルやレストランの話題は日常的に交わされる家でした。毎週のように家族でホテルに食事に行っていて、日本の一流のホテルやサービス業の素晴らしさを、幼い頃から実感していたわけです。

  • 可能性にあふれるワンダーランドだと思ってます

    父親が立教大学の観光学部を創った教授だったこともあって、ホテルやレストランの話題は日常的に交わされる家でした。毎週のように家族でホテルに食事に行っていて、日本の一流のホテルやサービス業の素晴らしさを、幼い頃から実感していたわけです。

  • 自分の場所を見つけるために、がむしゃらになれる

    DEPOCに決められたポストはありません。ポストどころか、役職や肩書きすら用意はありません。自分の活躍したい場所には自分自身でしっかり立つしかないのです。小さくても、少しでも、自分の場所を見つけるために、がむしゃらになれる仲間と仕事をしたいと考えています。

  • とことん、まじめな、デポックです!

    ふんわりしているフウですが、ルール・責任・共有・進化・目標・色々とことん真面目。スピードまで速くてついてくのが精いっぱいな時も多々。でもいつも「一方向だけを向いていない」「目指すところが常にある」とか見せつけられ「いけるでしょ」と言われている気にさせられますよ。ステキ。がんばりましょー!

  • 可能性にあふれるワンダーランドだと思ってます

    父親が立教大学の観光学部を創った教授だったこともあって、ホテルやレストランの話題は日常的に交わされる家でした。毎週のように家族でホテルに食事に行っていて、日本の一流のホテルやサービス業の素晴らしさを、幼い頃から実感していたわけです。

どんな質問・お問い合わせでもかまいません
軽い気持ちで「デポックに触れたい」と思って頂けたら幸いです

none